カオパンサー(雨安居入り)はタイ全土で禁酒!

タイはまもなく、カオパンサー(雨安居入り)です。

このところ、「オンラインタイ文字講座」の準備でばたばたしていて、

しばらくブログの更新が空いていました。

■ ■ ■ 
「カオパンサー」というのは仏教の祝日で、

この日を境に、寺の僧は外出をやめ、
約3ヶ月間、寺院内にこもって、修行生活を開始します。

タンブン(信者からの寄進)では、

僧侶がこの期間中に寺で使用するであろう、洗剤や石鹸などの生活物資が贈られます。

この修行生活のスタートの日が、「カオパンサー(雨安居入り)」です。

そして、

このカオパンサー(雨安居入り)の日は、
お酒の販売が「全面禁止」。

ビールやウィスキー、ワインクーラーなどは、すべて販売禁止になります。

■ ■ ■ 
タイへ旅行に来られた人が一様に驚くことの1つが、

この「タイには禁酒日がある」という点です。

今年、2018年は、7月27-28日の2日間が、カオパンサーの祝日にあたり、

全国チェーンのスーパーやセブンイレブン、都市部の飲食店では、お酒を買うことができません。

この法律で一番打撃を受けるのは、
やっぱり飲食店でしょう。

酒がないと、だらだらとおつまみを注文することもなくなりますから、客単価がガクっと落ちます。

そのため、禁酒日はそもそも営業しない、という飲食店も多いようです。

■ ■ ■ 
ただし、

地方の個人商店の場合は、そもそも取締り自体がめったにないので、普通に売られたりもしていますが、

一応法律違反なので、パトロール中の警官に見つかったら、罰金を科せられます。

私の場合は、たまにビールの写真とかを投稿してはいるものの、

別に毎日飲んでいるわけではなく、「たしなむ」程度ですから、

2,3日飲まなくても、どうってことはありません。

■ ■ ■ 
でも、

タイにいる人は、在住外国人もタイ人も含めて、年がら年中、酒ばっかり飲んでるようなところがありますから、

たまにはこうして「飲まない」日があってもいいんじゃないかな、と思います。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆