タイは寒い?タイの冬の方が日本にいた時よりも「寒い」と感じる4つの理由

今年の冬も、タイは「極寒」となりました。

あの「超蒸し暑い」と言われるバンコクでさえ、15℃前後。

チェンマイ・チェンライなど、北部の地方都市では、10℃を下回り…

「ドーイ・インタノン」などの、高山地帯に至っては、なんと「マイナス2℃」、氷点下を記録しました。

…こうなると、「タイは常夏の国」なんてことも、言ってられなくなります。

タイのほうが寒い?

ここで、タイ在住日本人の、多くの人がこぼしている、あるフレーズがあります。

それは…

「タイの方が、日本より寒いんじゃないの?」というフレーズ。

もちろん、気温の数字だけで見れば、日本の冬の方がはるかに寒いのですが、しかし…

「タイの冬の方がよっぽど寒い」

このフレーズは、タイ在住日本人の間では、「タイのあるある」として知られていて、

「だよねー、タイの冬の方が、寒く感じるよねー」

というやりとりが、半ば日常化しています。

でも、なぜそうなってしまうのでしょうか。

今回は、タイの冬の方が、日本の冬よりも寒く感じる、4つの理由について、ご紹介していきます!

1.防寒設備がない

タイの冬が、日本よりも寒く感じる最大の理由は…

タイの家屋や、公共施設などに、「防寒」のための設備がないこと、これに尽きます。

例えば、日本の場合…

寒い冬に外へ出かけて、コンビニにたどり着くと、

「はぁ、あったかい♪」って感じますよね。

日本では、ほぼすべての建物に、「暖房」が付いています。

また、建物どころか、バスや電車などの乗り物の中にも、暖房が入っています。

そのため、日本では、いくら「寒い」とはいっても…

それは、建物や乗り物の中にいない、「徒歩で外を歩いている状態」だけに限定される…ってことです。

そのため、

「日本の冬は、タイよりも気温自体は低いが、寒いと感じる瞬間は少ない」

ってことになります。

寒さを防げない

一方、タイはこの逆です。

常夏(だと思い込んでいる)タイでは、そもそも「家屋内での寒さを防ぐ」という発想がありません。

むしろタイでは、ほとんどすべての家屋は、「暑さを防ぐ」ことに特化しているため、スキマ風は、入って当たり前。

むしろ、スキマ風をいかに取り込むか、というところに、重点が置かれています。

そのため、タイで「寒い!」と感じたときに、その寒さを防ぐためには、

「服を重ね着する」
「焚き火をする」

ぐらいしか、方法がないんです。

まとめると、

「タイの冬は、日本の冬ほど寒くはないが、寒さを防ぐ方法がないため、日本よりも寒く感じる」

ってことになります。

2.靴下をはかない

また、ちょっと細かい点を言うと…

「タイでは、日常生活であまり靴下を履かない」

ということが、タイの寒さを厳しくしている一因ではないか、と、私は考えています。

靴下を履くのと履かないのとでは、寒さのダメージがまるで違います。

例えて言えば、

日本で、真冬の寒い中に、裸足にサンダルでコンビニへ行くようなものです。

当然、「寒い」と感じますよね。それが、冬のタイの状態です。

靴下が濡れてしまう

「だったら、タイでも靴下履けばいいんじゃないの?」

ってことになるんですが、なかなか、そううまくはいきません。

なぜなら、タイの伝統的な家屋では、炊事場や洗濯場は、

「水浸しの中を、サンダルでジャブジャブ入っていく」

というスタイルだからです。

そのため、たとえ家で靴下を履いていても、トイレに入るたびに、靴下が水浸しになってしまいますから…

その都度、靴下を脱いだり履いたりしなければなりません。

これって、かなりの手間です。

結果として、タイは冬でも裸足にサンダルで過ごすことが多くなり、寒く感じる…ってことです。

タイでも靴下を履いたほうがベター

とは言え、靴下なしではさすがに寒すぎるので、

私は、靴下が濡れないように気をつけて、できるだけ、1日中靴下を履くようにしています。

しかし、タイの一般的な家庭では、「靴下を濡らさないようにする」ことが非常に困難です。

結果として、靴下を履かず、つま先が冷えて、厳しい寒さを感じる…ってことになります。

3.体を温める食べ物がない

また、意外と見逃しがちなポイントとして…

「タイには、体を温める食べ物が少ない」

という点が、挙げられます。

そりゃあそうですよね。

昔のタイは常夏だったんだから、「食べ物で体を温める」という発想が、無くて当然です。

むしろタイの食べ物は、その多くが、「体温を下げること」に特化しています。

トムヤムクンしかり、
ガパオライスのバジルしかり、

そもそも南国のフルーツや野菜には、「食べて涼しくする」という効能があります。

そのため、冬が寒くなって、いざ「体を温める食べ物を探そう!」と思っても、なかなか見つからない…というのが、実態です。

また、飯屋のスタイルもそうです。

日本人は、「できたてホヤホヤの、温かい料理を食べたいっ」と考えます。

でも、タイの屋台は、「作り置きのおかず屋台」を見ても分かる通り、「できたてホヤホヤ」という点が、特に重視されていません。

「屋台でお持ち帰り」の文化にしたって、そうです。

冬の北タイ名物、焼き餅屋台。
ちなみに、奥の子供に注目。上は真冬なのに、下は真夏の格好。これでは風邪を引いてしまう。

できたてのほうが美味しいはずなのに、タイ人はそこを重視しないため…

せっかくの、できたての料理を、わざわざ袋に入れてしまい、家で、冷めたものを食べています。

結果として、

日本並みに寒いタイの冬に、冷え切った料理を食べて、「体は冷えたまま」になってしまう…ってことです。

4.日較差が激しい

4つめの理由は、「気温の日較差」です。

日較差とは、昼間の暑い気温と、夜中の寒い気温との間に、どれくらい差があるか、という意味です。

日本は、冬なら、昼も夜も1日中寒いので、日較差がありません。

ですので、朝、しっかり防寒着を着込んでさえいれば、その日一日の寒さには耐えられる…ってことです。

一方、タイの冬は、日較差が激しい。

つまり、昼間は結構暑いのに、夕方はびっくりするぐらい冷える、という気候です。

昼間は、Tシャツ1枚で出かけて、川遊びができるほどの暖かさでも…

夕方帰宅する頃には「極寒」になっていて、翌朝は霜が降りている…なんてことは、ザラにあります。

こうなると、昼間「暑い」と感じていた分、対策もおろそかになり、余計に、「寒さ」を厳しく感じてしまうわけです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、
「タイの冬のほうが、日本の冬よりも、寒く感じる理由」と題し…

1.
タイの一般家屋には「寒さを防ぐ」ための機能がなく、暖房設備もない

2.
タイの一般家庭では、トイレに裸足で入るため、「1日中靴下を履く」という習慣がなく、つま先から体が冷えやすい

3.
タイには、食べ物で体を温める、という習慣がない

4.
タイの冬は日較差が激しいため、昼間の暑さとの対比で、余計に寒く感じる

…以上4つのポイントについて、ご紹介してきました。

ですので、対策としては、これらの「逆」をすればいい、ってことになります。

つまり…

●家や部屋のスキマ風を埋め、

●トイレや洗面所には専用のスリッパを常備し、

●加熱された料理を、温かいうちに食べ、

●外出時には、上着をカバンに入れておく

…ってことになります。

実際のところ、タイが「常夏の国である」というのは、真っ赤なウソです。

むしろ、「冬は、凍死者が出るほど寒い」というのが、タイの現実です。

地質学的には、現在地球は、「第五氷河期」に入っているため、地球規模で見ると…

今後数千年の間は、平均気温は下がり続ける見込みです。

そのうちタイでも、冬は雪が降るかもしれません。

こうなると、いずれタイでも、「防寒対策が必須」ってことになり…

「常夏の国タイランドで、ロングステイをしよう♪」

という、明るいキャッチコピーも、通用しなくなってきます。

冬季のタイ滞在の際は、くれぐれも、寒さに注意するようにしましょう!

2 件のコメント

  • 北タイだと春⇒夏夏⇒秋というサイクルで、沖縄に近いですね。
    しかも内陸・盆地となると、一日の気温差が大きくなります。
    家にエアコンがあれば楽だし、無くても壁に断熱マットでも張れば良い。
    その気温だと、厚手のダウンコートなんか着れば寒くない
    ※貧しい現地人は、水シャワーを浴びてるのかな?

    • 嫁の実家は山ですが今の時期は朝晩寒いのでなるべく昼間にシャワーを浴びます、水は山からひいているので飲料にもつかっています。私もシャワーをやりましたが昼間といえども少し寒いですね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です