【黒蝶】は死者の使い?霊の世界を知るための最も身近なアプローチ法とは

日本では昔から、

「蝶は霊の乗り物」
「黒蝶は、ご先祖様が近くにいる証」

と、言われています。

現代の日本でそういう話をすると、「またオカルトなんじゃないの?」なんて言われてしまうんですが、

タイの山奥では、わりと「普通のこと」です。

今回は、黒蝶と霊の関連性について、お話をしていきます。

■ ■ ■ 
まず、私自身の話をすると…

黒蝶が自分の近くに寄ってくるときは、「霊が何かを伝えようとしている」というケースであることがほとんどです。

そのため、最近では、

「周囲に、蝶の群れも何もない不自然な状態で、突然1匹の黒蝶を見た時は、それはもう100%霊である」

と、思うようにしています。

■ ■ ■ 
また、日本でも、

「火葬場で、突然、黒蝶が中に入ってきた」

「お葬式の最中に、黒蝶が飛んでいるのを見た」

という話を、わりとよく耳にしますよね。

なので、黒蝶と霊の関係を「知っている」人にとっては、これは至って普通のことなんだと思います。

■ ■ ■ 
例えば、

私の友人で、次のようなエピソードがあります。

彼は、数年前に水子を亡くしていて、そのことはもう、本人の記憶にも、あまり残っていなかったのですが、

あるとき、彼は唐突に、水子のことを思い出しました。

水子を授かった時のこと、
名前を決めていたこと、
出産を心待ちにしていたこと、

…などの記憶が、一気によみがえってきたそうです。

そして、その後しばらくして、

道路を歩行中に、黒蝶が服にピタっと止まる、ということが、「3度」続きました。

普通の生活をしていて、「蝶が服に止まる」なんていう出来事は、めったにないですよね。

しかも、3回も。

そのときは丁度、

彼の中でも、水子を授かったころの記憶や、水子への愛情や感謝の気持ちが、蘇っていたところでした。

なので、私は、

その黒蝶はおそらく、かつて水子だった子の霊だったのではないかと考えています。

水子はきっと、自分の親が、自分を思い出してくれたことが、「嬉しかった」のだと思います。

■ ■ ■ 
…と、この話をすると、

「じゃあ、黒蝶が、家族の生まれ変わりなんですか?」

という反応をされることも多いんですが、これは「生まれ変わり」とは、全く異なります。

霊が「蝶になった」のではなく、あくまでも、

「蝶に乗ってきている」
「蝶を操っている」

というのが、実情に近いと思います。

■ ■ ■ 
これには、2つの説があります。

1つめは、

霊が実際に、蝶に「憑依」して、蝶を操っている、という説。

つまり、イメージとしては、

霊が、「蝶に乗ってやってくる」という感じです。

でも、「憑依」という言葉自体が、オカルトチックですから、これはもう、「信じるか信じないか」という話になります。

一方、もう1つの説は、「霊が来ると蝶が現れる」という現象を、科学的に説明しています。

もう1つの説というのは、「地磁気説」です。

「地磁気」とは、どういうことかというと…

・霊が地上に現れることで、地球上を走っている地磁気に、乱れが生じる

・蝶のいくつかの種は、地磁気に反応して飛ぶコースを決めている

・霊が関係者に近づくことによって、関係者へ向かう地磁気のコースが作られ、蝶はそれに従って、関係者の前に現れる

という説です。

つまり、霊が「地磁気」を使って、蝶をコントロールしている、ということです。

こちらの説は、「憑依」に比べると、わりと科学的な解釈ではないでしょうか。

■ ■ ■ 
まぁでも、どちらの説も、本質は同じです。

霊が、黒蝶に憑依をしていても、憑依していなくても…

「霊が黒蝶をコントロールして、生存中の者に、何かメッセージを伝えにやって来る」

というのは、実際の体験談などから照らし合わせても、どうやら「事実だ」と言えそうだからです。

そのときに、「地磁気が乱れるのか、否か」というのは、ただの、科学的な「後付け」に過ぎません。

■ ■ ■ 
重要なことは、不自然な状況で、黒蝶を見た時に…

「誰かが何かを自分に伝えようとしている」という感覚を、

普段から、研ぎ澄ませておくことです。

その「誰か」は、ご先祖かもしれないし、生き別れた肉親や、親友かもしれない。

でも確実に、「誰かしら」が、黒蝶に乗って、あなたの目の前に来ているわけです。

実際のところ、

私たちが現世で見えているものというのは、常に「全体の半分」ですから、

インターネットをいくら駆使して、詳細に情報を集めたところで、それはあくまでも「半分の知識」にすぎません。

■ ■ ■ 
言うなれば、現世では、人は「時計盤の表側」だけを見ているようなものです。

時計盤の文字や針を、どれほどくまなく見つけ続けても…

「なぜ針が動いているのか」という、裏側のことは、何も分かりませんよね。

これが「半分」という意味です。

つまり、「霊の世界を知る」とは、

時計の裏側の、「歯車の仕組み」を知ることに他なりません。

「なぜ時計の針は動くのか」という、根本の理由です。

人は、霊の知識を持つことで、この世の全体像を、より正確に、よりクリアに、認識することができます。

霊は、そうした人間の思いに反応して、より頻繁に現れて、大切なことを教えてくれるようになります。

そのための、最も手軽で、身近なアプローチ方法が…

今回ご紹介している、「黒蝶に注意する」という方法である、ということです。

■ ■ ■ 
もしもあなたが、死者に感謝して、心からの「喜び」を、彼らに伝えたなら…

彼らの霊は、あなたの喜びの感情に反応し、さらなる喜びを、あなたに伝えようとしてくれます。

そしてそのとき、彼らは黒蝶に姿をやつし、

あなたのもとへ、その喜びを実際に送り届けに来てくれることがあります。

つまり、「喜び」という感情は、生者と死者との間で、互いに相互作用をもたらす、ということです。

それは、恐怖やオカルトとは全く違う、至って自然な、霊との関わり方なのです。