タイでベビーベッドは買う必要なし~タイ伝統の『赤ちゃん用ハンモック』の作り方

乳幼児の育児で、最も気になるポイントの1つは、

「赤ちゃんを寝かせておく場所」ですよね。

お母さんがずっと抱っこをし続けるわけにもいきませんから、やはり、「赤ちゃん専用の寝床」というものが、どうしても必要です。

だからといって、安易に「ベビーベッド」なんてものを購入してしまうと…

・値段が高い
・かさばって邪魔になる
・すぐ使わなくなる

…などなど、数々のデメリットがあります。

そこで今回は、タイを始め、東南アジアに広く伝わる、「乳児用簡単ハンモックの作り方」について、ご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんハンモックのメリット

先日、我が家で5人目の赤ちゃんが生まれ、毎日、家族総出で育児を行なっています。

うちは家族が多く、育児の負担は、いくぶん楽であるとは言え…

赤ちゃんを抱っこをし続けていては、家族1人分の手が塞がってしまうので、家事にも支障が出てしまいます。

そこで、眠った赤ちゃんを、どこか別の場所に置いておく必要があります。

ゆりかごのようなもの

今回ご紹介するのは、一言で言えば、要は「ゆりかご」なんですが、

ゆりかごの場合、前後にうまく揺らせるための足場が必要になります。

木材を切ったり、組み立てたりなど、ある程度の技術が必要になりますので、

「じゃあ、ちょっとゆりかごでも作ってみるか」

なんて言って、パパッと作ることができません。

そこで効果的なのが、ハンモックです。

ハンモックは便利

ハンモックの場合は、もともと「揺らせる」ことが前提ですから、

「揺れるための装置」や「置き場所」を、わざわざ考える必要がありません。

簡単に作れて、しかも、赤ちゃんがぐっすり眠ってくれる、というわけで、

赤ちゃん用のハンモックは、かなりおススメです。

では次に、東南アジアに代々伝わる、「赤ちゃん用簡易ハンモック」の作り方を見ていきましょう。

タイ式赤ちゃんハンモックの作り方

まず初めに、2本の柱の間にロープを1往復させて、輪っかの状態にします。

この時点で、日本の一般家庭では、若干難しいかもしれませんが、柱にフックを取り付けるなどすれば、ロープを張ることは十分可能です。

次に、輪っかになったロープの間に竹の棒を2本、取り付けます。

縄の間で竹の棒を固定するのがポイント

これが、「しんばり棒」の役割を果たします。

この2本の竹の棒の間の部分が、赤ちゃんのベッドになりますから、1.5~2メートルほどの間隔が必要です。

後は、竹と竹の間のスペースに布を張れば、完成です。

赤ちゃんがミルクを飲んで眠りについてしまえば…

その後は、このハンモックに赤ちゃんを置いておくだけで、大人は自分の活動をすることができます。

今現在も、私は横で眠る赤ちゃんを見ながら、この原稿を書いています。

意外と使い心地が良い

このハンモック、いざ使ってみると、びっくりするぐらい赤ちゃんがよく寝てくれます。

揺れた方がよく寝れるみたい

うちのお母さんは、このハンモックを、左右に大きく揺らすので、

「そんなに揺らしたら、赤ちゃんが目を回してしまうんじゃないの??」

と、心配になってしまうのですが、お母さんいわく、

「大きく揺れている方が、赤ちゃんはよく寝てくれる」そうです。

ひょっとしたら、「揺れすぎて気持ち悪い」というのは、あくまでも大人の感覚で、

生まれたばかりの赤ちゃんは、そんなこと気にならないのかもしれません。

簡単に作れる

材料はロープと布と、ちょっとした縫製の糸ぐらいですから、わずか千円もかかりません。

2万円も出して、ベビーベッドなんてものを買うよりも、よっぽど簡単で、手軽で、何より、赤ちゃんがよく眠ってくれますから、この簡易ハンモックは、本当におすすめです。

吊るすとこんな感じ

ちなみに、もう一つ利点を言うと、このハンモックは、「簡単に片付けられる」という点も大きいです。

ベビーベッドの場合、どうしても場所を取りますし、

また、経験者の方はわかると思いますが、ベビーベッドを使う時期なんて、子供の人生のうちの、わずか数ヶ月です。

1年使えれば、良いほうです。

実際のところ、多くの家庭で、ベビーベッドは子供のおもちゃ置き場になってしまっていますよね。

わずか数ヶ月しか使えないベビーベッドに数万円もつぎ込むのは、はっきり言って、もったいないです。

その点、今回ご紹介している間にハンモックは、

赤ちゃんが大きくなってハンモックを使わなくなれば、簡単に取り外しができ、

なおかつ、材料費は千円以下ですから、捨てても惜しくはありません。

2018年冬に誕生した三男坊

ロープを張るためのスペースさえあれば、簡単に作ることができますから、

「まもなく赤ちゃんが生まれるので、ベビーベッドを買おうかどうか迷っている」

という人は、ぜひ、参考になさってみてください。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆