きょうだいを仲良く育てるたった1つの方法~「年功序列」の重要さ

今回は、育児に関し、

「きょうだいを仲良く育てるたった1つの方法」

について、お話をしています。

■ ■ ■
うちに宿泊に来られたゲストの方々は、皆、口を揃えて、

「本当にきょうだいの仲が良いですね」

ということを、言ってくださいます。

これは、自然にそうなったものではなく…

親が、日常からかなり意識して、

「きょうだいが仲良くなるための方法」

を実践し、また、日々そのように仕向けているからです。

■ ■ ■
「たった1つの方法」なんて、もったいぶった言い方をしてはいますが、

この方法は、別に、私がオリジナルで考案したものではなく、

伝統的なアカ族の村や、かつての日本でも、普通に実践されていた方法です。

「きょうだいを仲良く育てるための方法」は、いたってシンプルです。

それは…

家庭の中で、「序列」と「義務」を、厳格に、明確にすることです。

つまり、

「一番上の子は一番偉い」
「下の子は、上の子に逆らってはいけない」
「上の子は、下の子の世話をしなければならない」

…という、家庭内における「ルール」を制定する、ということです。

■ ■ ■
たとえば…

うちでは、お菓子やお土産などがあった場合は、必ず、長男に全て渡します。

そのお菓子を、弟妹に配るかどうかは、長男に任せています。

長男がひとりで全部食べても構いませんし、

等分に配っても、長男が多めに取っても、すべて、長男次第です。

長男が、合宿などで家にいないときは、2人目の子が、この権利を獲得します。

要は、「長男が最大の権利を持っている」ということですが、

逆に言えば、「一番下の子は、一番権利が少ない」ってことになります。

■ ■ ■ 
しかし、権利だけではありません。

当然、「義務」もあります。

一番上の子は、下の子たちの面倒を見なければなりません。

下の子に何か問題が起こった場合は、上の子の責任になります。

これが、上の子の義務です。

下の子は、「上の子に逆らってはいけない」というのが、義務です。

しかし、下の子は、上の子の言うことを聞かなければならない分…

上の子から世話をしてもらえる、守ってもらえる、という権利があります。

■ ■ ■ 
上記のシステムを、一言でまとめると…

「きょうだい同士の、権利と義務とを釣り合わせる」
「権利と義務は、必ず釣り合ってなければならない」
「上下関係を明確にする」

ということです。

このシステムは、今のところ、我が家ではうまく機能しています。

■ ■ ■ 
私も、これまで、様々な家庭を見てきましたが、

きょうだいの仲が悪い家庭は、大抵の場合…

「きょうだい同士の、権利と義務のバランス」

が、釣り合っていません。

世間一般の親は…

下の子ばかりを優先してかわいがり、何でも下の子に与えようとしてしまいがちです。

そして、上の子には、

「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから、我慢しなさい!」

という風に、義務ばかりを押し付け、権利が全くない状態になっています。

これでは、上の子がグレてしまうのも、無理はありません。

上の子にしてみれば、「割が合わない」ってことになります。

■ ■ ■ 
これは、別の言い方で例えると…

家庭内における「アルバイト」のようなもの、

と考えれば、分かりやすくなります。

例えば、

トイレ掃除のアルバイトを、「時給1,500円」だと言われたなら、

「じゃあやってみようかな」

という気になりますよね。

これは、仕事のつらさと時給とが、釣り合ってるからです。

しかし、
例えば、

富士山の5合目で、30キロの荷物を担いで歩くアルバイトが「時給1,000円」と言われたなら…

「そんな仕事、やってられるか!!」

と、なりませんか。

どう見ても、義務(つらい仕事)と権利(安い時給)とが、釣り合っていませんよね。

これが、世の中の多くの長男長女が感じている、ストレスです。

■ ■ ■ 
つまり、世間一般の親たちは…

見返りのない、過酷な仕事を、長男長女に与えている、ってことです。

もちろん、それによって、「我慢強さ」や「責任感」などは、培われるかもしれませんが…

いつ、不満が爆発しないとも限りません。

また、長男長女の中で、「せっかく面倒を見てやってるのに…」という思いが蓄積されてしまうと、

下の子のことを、「嫌い」になってしまいます。

ですので、親や、周囲の大人は…

上の子に対し、できるだけ意識して、愛情やサービスを注いでいく必要があります。

それがあるからこそ、上の子は、「権利」に満足して、「義務」を果たしてくれるようになります。

■ ■ ■ 
我が家では、

こうした「きょうだい間の序列」、

および、「きょうだいの義務と権利」を、厳格にしています。

結果的に…

我が家では、きょうだい同士の仲の良さを、維持できているのだと思います。