微笑みの国なのに…「タイ人に笑顔がなくなった」と感じたときにすべき、たった1つのこと

「微笑みの国なのに、笑わなくなったタイ人」

というテーマで、これまでから、何回か記事を書いているんですが、

ここ最近、
「マジで、もうやばいんじゃないの?」

というレベルにまで来ている、と感じています。

タイの街を歩いていても、

「自然に笑っている人」を見かけることが、本当に減ってきました。

また、私は、お店などに入った時は、

「店員が、20分の間に何度笑ったか」

というのを、観察したりしているんですが、

「一度も笑わなかった」

というケースがほとんどです。

これは別に、「仕事がつまらないから」とかではありません。

店員が、自分の家族や友人と話をしている時であっても、

彼らは本当に、ずっとクスリとも笑わずに 話しているんです。

これはもはや、

「笑い方を教える」とかのレベルではない、と思います。

現代タイ人の多くは、もう本当に、ちょっとやそっとのことでは笑えないほど、

精神が、疲れ果てているんだろうなぁ、

と感じます。

こういう状況で、私たちがなすべき「最善のこと」は、たった1つしかありません。

それは…

自分自身が、笑顔をキープし続けることです。

「周囲が笑っていなくても、自分は笑う」

という風にしておけば、最低限、自分の周りだけでも、笑顔でいることができます。

やっぱり、笑顔でいないと、楽しくないですからね。

逆に、自分の周りだけでも笑顔にしておかないと、

このまま周囲に合わせてたら、マジでタイから笑顔がなくなっていってしまうんじゃないか、

と、恐怖すら感じています。

『タイ人が微笑まなくなった』
に関する記事は↑こちら


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆