モーチット(北バスターミナル)に行かず夜行バスに乗る方法~タイ最強の夜行バス「ソンバットツアー」で快適にタイを旅しよう

タイの国内旅行では、夜行バスが安くて便利です。

しかし、デメリットもあります。

それは、「モーチット(北バスターミナル)が、不便すぎる」という点です。

モーチットとは?

「モーチット(北バスターミナル)」というのは、

タイの北部と東北部へ行くバスが発着している、ターミナルの名称です。

北バスターミナルは、バンコクの市街地からかなり遠く、また、周辺の国道も非常に混雑するため、

バスターミナルまで行くだけで、かなりのエネルギーを労してしまいます。

今回ご紹介するのは、そんな不便な「モーチット(北バスターミナル)」まで行かずに、スムーズに長距離バスに乗る方法です。

その長距離バスの名を、「ソンバットツアー」と言います。

ソンバットツアーとは?

「ソンバットツアー」というのは、タイの長距離夜行バスの会社の名前です。

「タイ 夜行バス」などのキーワードで検索すると、

「ソンバットツアー」と「ナコンチャイエアー」、2つのバス会社名が表示されることが多いです。

いずれも、タイの大手の夜行バス会社ですが、

今回は、そのうちの1つである、「ソンバットツアー」のバスチケットの買い方や、乗り方などを、ご紹介していきます。

「ウィパーワディー」へ行こう

まずは、バスのチケットを買うために、実際に、バンコクのソンバットツアーのオフィスまで、行ってみましょう。

「えっ、オンラインで予約できないの?」

という声も聞こえてきそうですが、2018年現在、ソンバットツアーのオンライン予約は、外国人にはちょっと分かりにくいです。

1215 に電話をすると、ソンバットツアーの予約オフィスにつながります。

タイ語ができるか、あるいは、タイ人のパートナーがいるなら、試してみるのもアリでしょう。

ただし、初めての場合は、

現地への行き方や状況を確認しておく、という意味でも、

やはり、下見を兼ねて、一度オフィスまで実際に行ってみるのが良いと思います。

「ウィパーワディー」までの行き方

向かうのは、「ソンバットツアー、ウィパーワディー本社ビル」です。

「ウィパーワディー」というのは、ビルのある道路の名前です。

まず、バンコクの高架鉄道、「BTS」に乗って、北の終点、「モーチット駅」まで行きます。

モーチット駅では、「①番出口」から外へ出ます。

①番出口は、改札を出て右、マクドナルドとワッフルのお店が目印です。

①番出口、目印のワッフル屋さん

なお、この①番出口のすぐ前には、バンコクの有名な観光地の1つである「チャトゥチャク公園」の入り口もありますから、

ソンバットツアーへ行くついでに、チャトゥチャック公園の「ウィークエンドマーケット」を散策してみるのも良いでしょう。

①番出口から出て、狭苦しい階段を下りると、バイタク(バイクタクシー)が客待ちをしています。

バイクタクシースタンドには、料金表もあり、明朗会計ですから、ぼったくりを恐れる心配はありません。

BTSモーチット駅の①番出口は、こんな感じ。向かって右手がバイタクスタンド。

この時、運転手には、

「ソンバット・トゥワ」
「ウィパーワディー」
「ソンバット・トゥワ ウィパーワディー」

などのキーワードを言えば、ほぼ確実に伝わります。

実際、ソンバットツアーのオフィスは、「ウィパーワディー」の名称で呼ばれることが多いですから、

この記事でも、「ウィパーワディー」で統一しておくことにします。

モーチット駅から、ウィパーワディーまで、バイクタクシーで80バーツ。

ウィパーワディーまでは裏道もあるため、渋滞が一切ない、というのも、高ポイントです。

ウィパーワディーでバスの乗り降りができる

ウィパーワディーの建物に入って、すぐ正面右手に、発券カウンターがあります。

そこで、行き先と日付を伝えれば、バスのチケットを予約することができます。

そして、なんと…

ソンバットツアーでは、北バスターミナルまで行かなくても、

このウィパーワディーで、直接、バスの乗り降りができるんです。

これは、かなりの高ポイントです。

まるで空港のラウンジのような、快適な待合室。

そのため、予約の際は一応、係員に、「ウィパーワディーから乗る」と伝えておきましょう。

また、旅行の日程が決まっているのであれば、帰りのチケットも、この時に買っておくようにしましょう。

つまり、例えば、

イサーンの都市「ウドン」へ旅行に行くのであれば…

「ウィパーワディー ~ ウドン」
「ウドン ~ ウィパーワディー」

の、往復のチケットを買っておく、ということです。

これで、モーチット(北バスターミナル)を一切スルーして、混雑に巻き込まれることなく、夜行バスに乗ることができます。

バスの座席を利用して作られた、ユニークな待合スペース。仮眠もできる。

バスターミナルは、つらい

一方、通常の方法であるモーチット(北バスターミナル)には、

数多くの「デメリット」があります。

北バスターミナル周辺の道路はいつも渋滞していて、夕方にタクシーで行こうとすると、ほぼ100%、渋滞に巻き込まれます。

敷地内は非常に混雑していて、どこから何のバスに乗れば良いのか、迷ってしまいがちです。

また、トイレは有料で、トイレや水を使うたびに、お金が必要です。

バスターミナルは、とにかく人が多いため、ゆったりとくつろいでバスを待つことができません。

ベンチをちょっとでも離れたら、他のバス待ち客に、席を取られてしまいます。

空調がないエリアも多く、夏の時期だと、猛暑の中で、汗を流しながらバスを待たなくてはいけません。

こうしたバスターミナルの数々の深刻なデメリットを、全て解消してくれているのが、

今回ご紹介している、「ウィパーワディー」なんです。

ウィパーワディーを使うメリット

ウィパーワディーのメリットは、上記とは逆です。
つまり…

・建物がゆったりしている
・空調が完備されている
・裏道があり、渋滞せずに行ける
・トイレが無料
・ウィパーワディー始発の夜行バスがある

…などなどです。

以上を分かりやすく言えば、

「ソンバットツアーのバスに乗るためだけの、ターミナルがある。
その場所が、ウィパーワディーという名前」

ということです。

バスも客も、双方にメリットがある

つまり、ウィパーワディーが始発駅ですから、旅行者は、北バスターミナルまで、行く必要がありません。

これは、なかなか、先見の明のあるやり方だと思います。

実際のところ、旅行客が、バスターミナルへ行くメリットというのは…

「バスの種類や本数が多いため、行けば何かしらバスに乗れる」

というぐらいしかありません。

しかし現代では、タイ人も、「事前に旅行の予定を立てて、チケットを予約する」ということを知っています。

こうなると、「ソンバットツアーのバスに乗る」ということが決まっている乗客にとっては…

わざわざ、北バスターミナルまで行って、混雑の中でバスに乗るよりも、

「ソンバットツアーのオフィスから、直接バスに乗る」という方が、利便性が高いわけです。

また、バス会社の側にとっても、こうした利便性や快適さを提供できていれば、リピーターを獲得できます。

バスでどこへ行けるの?

ソンバットツアーの、バスの行き先は…

  • チェンマイ
  • チェンライ
  • メーサイ
  • チェンコン
  • ウドン
  • コンケン
  • ウボン
  • ラノーン
  • スラタニ

などなど、タイの名だたる地方都市を、おおむね網羅しています。

そのため、私は、タイ国内を旅行する際は、

行き先さえ合えば、ほぼ100パーセント、ソンバットツアーを使っています。

出発当日…

出発の当日は、チケットを予約した時と同じように、ウィパーワディーへ向かいましょう。

BTSモーチット駅の①番出口の改札を出て、階段を降りたところでバイタクに乗って「ウィパーワディー」と伝えれば、OKです。

ウィパーワディーの本社ビル。ここでチケットの予約と乗り降りができる。

市街地からウィパーワディーまで、トータルの所要時間は、1時間もかかりませんが、

余裕を持って、バスの出発時間の1時間半ぐらい前までには、BTSに乗っておくとよいでしょう。

バス乗車後の注意点3つ

バスに乗り込んでさえしまえば、もう心配は要りませんが、3つ、注意点があります。

① 軽食休憩

1つめは、「軽食休憩」。

夜行バスは、その途中で、「軽食休憩」というものを挟みます。

バスのチケットの半券で、食事と交換します。

半券は2枚付いていて、1枚めが、乗車に車掌が確認する用。

そして2枚目が、食事券です。

でも、「こんな夜遅くに、食事なんてしたくない!」ということもあるでしょうから、そのときは…

食事券は、ジュースやお菓子とも交換できます。

以上が、1つめの注意点。

② 降車ポイントを伝える

2つめは、地方都市からバンコクへ戻ってくるときです。

車掌は、乗客1人1人に、「ロンナイカァ?(どこで降りるの?)」と、質問をして回ります。

このときは、「ウィパーワディー」または略して、「ウィパー」と伝えましょう。

もちろん、ウィパーワディーではなく、バスターミナルで降りることも、可能です。

その際は、「モーチット(北)」「サーイターイ(南)」など、バスターミナルの名前を答えれば、OKです。

③ 防寒対策

3つめは、防寒対策です。

タイの夜行バスは、エアコンをガンガンに利かせて、「異常なくらい寒い」という特徴があります。

そのため、上着、ニット帽、もこもこ靴下などを、用意しておいた方が良いでしょう。

また、ボタン付きのシャツやブラウスは、ボタンの間から冷風が入ってきて寒いので、

Tシャツなど、カットソータイプの服を着ておくことをおすすめします。

また、ありがちなのが、

「防寒着はすべてバックパックに入っていて、カーゴ室に預けてしまった!!」というケース。

これを避けるため、防寒着は、手荷物にして、座席へ持ち込むようにしましょう。

現地ですべきこと

現地へ到着すると、バスは、「その街のソンバットツアーのオフィス」に、着きます。

例えば、ウドンへ行くなら、

「ウドンのソンバットツアーのオフィスに停車する」ということです。

このとき、現地オフィスの周りの風景を、よく覚えておきましょう。

バンコクへ戻る際も、同じ場所からバスに乗るからです。

また、もしも帰りのチケットをまだ買っていない場合は、

現地のオフィスでも、バンコク(ウィパーワディー)行きのチケットを、買うことができます。

帰るときは、バスが出発する30分ぐらい前に、このソンバットツアーのオフィスに来て、バスに乗れば、完了です。

翌朝、バスはバンコクの「ウィパーワディー」に到着します。

ウィパーワディーでは、到着客も、ビルの中のトイレや休憩所を、自由に利用することができます。

夜明け、おしっこが濃くなっている時でも、「有料のトイレ代」に頭を悩ませる必要はありません。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、タイで最も便利な夜行バス会社の1つである、「ソンバットツアー」のバスの乗り方などについて、ご紹介してきました。

一度「ウィパーワディー」までの行き方さえ覚えてしまえば、後は驚くほど簡単です。

北バスターミナルの混雑に一切悩まされずに、快適にバス旅行を楽しむことができます。

まとめると、

1.BTSに乗って、北の終点、モーチット駅、下車

2.モーチット駅①番出口を出る

3.駅を出たところで、バイタクに乗って「ウィパーワディー」まで行く。料金80バーツ。

4.スクンビットからウィパーワディーまで、BTSとバイタクで、トータル1時間程度。

5.ウィパーワディーで、発券&バスの乗り降りが可能

…と、なります。

グーグル・マップの場所は、このへん

地図内では、
「ソンバットツアー・ウィパーワディー・ブランチ」

という英語の名前が付いています。

タイを国内旅行される際は、是非、参考になさってみてください。

また、上記の方法を読んで、不明な点があれば、

お気軽に、コメント欄に書いておいていただければと思います。