【ホームステイ】北タイの少数民族の村に滞在して、昔ながらののどかな田舎暮らしを体験してみませんか?

こんにちは!

このたびは、当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

当サイトでは、アカ族の言語や文化日々の暮らしなどに関する記事を、ご紹介しておりますが、

それらの記事を読んで、

「ぜひ、アカ族の村で、実際の山の暮らしを体験してみたいっ!」

という方のために、我が家では、アカ族村での生活体験ホームステイを、実施しております。

お問い合わせフォームはこちら↓

ホームステイの費用はどれくらいかかるの?

現地の滞在でかかる費用は、1泊三食付き、2千円です。
(2017年現在)

都市部では、食事なしで3千円を超えることも多いのですが、

私たちの村では、

「1人でも多くの方に、アカ族の暮らしを体験して頂きたい」という思いから、

宿泊費用と、三食の食事代込みで、1日2千円にて、ご奉仕させていただいております。

村の見どころは?

「村には何があるの?」

これが、最も関心のある質問ではないかと思いますが、

村には、全く、何もありません。笑

あるのは、自然の中で、昔ながらの暮らしを続けている、アカ族の人々の日々の営みです。

村では今も、土間の囲炉裏で、マキで火をおこして、ご飯を炊きます。

村では今も多くの家庭がマキで食事を作っている

「炊飯器」という文明の利器を使っている家庭は、今なお少数派です。

また、今でこそ、少数民族の山村でもテレビの普及が進んでいますが、

それでも、テレビがある家に、村人たちが集まって、いっしょにテレビを見る、という、

昔の日本のような、微笑ましい光景が、今も続いています。

医食同源~「体に良い食事を食べれば、1日寿命が伸びる」

毎日の食事は、庭でとれた野菜や山菜を調理し、化学調味料はほとんど使用しません。

また、肉類は、村人たちにとっては、たまにしか食べられない贅沢品であるため、毎日の食事では肉をほとんど食べません。

そのため、村では自然の食材だけを使用した、体に良い食生活を体験することができます。

山菜とナムプリック、一番シンプルで一番おいしい。

アカ族村でホームステイをして頂いたお客様は皆、


●「アカ族の村に来て痩せた」

●「体内がきれいになった」

●「血がサラサラになった」

●「生活が規則正しくなった」

●「不眠が解消された」

と、喜んでいただいています。

村では子供たちが毎日元気に走り回っている

また、子供の数が非常に多い、というのも、アカ族村の特徴です。

近年は、タイでも少子化が進み、

タイの町に滞在していても、「タイ人の子供ほとんど見かけない」という状況が、各地で起こっていますが、

アカ族の村は、今も非常に子だくさんです。

毎日放課後は、村の広場で子供たちが元気に走り回ってる姿を見て、元気をもらうことができます。

自然の村で暮らせば、体は健康になる

今ではもうめっきり見られなくなった、こうした昔ながらの光景に触れながら、体に良いものを食べて、夜はぐっすり眠る。

こうした生活を続けるだけで、人はいつまでも、健康に生きることができます!

アカ族村への行き方は?

事前に予定をお伝え頂ければ、最寄りの「メーチャン」という町までお迎えにあがります。

その前に、「メーチャン」という町の、おおまかな位置関係について、簡単にご紹介しておきます。

タイの北部に、チェンライという都市があります。そして、最北端の町、メーサイ。

このチェンライとメーサイを結ぶ直線の、ちょうど中間時点に、「メーチャン」という町があります。

私たちの住んでいるアカ族村は、このメーチャンから山の道路を登っていったところにあります。

この「メーチャン」という街まで来ていただければ、私どものほうで送迎車をご用意いたします。

ただし、送迎費用は、宿泊費用には含まれていませんので、別途実費を負担していただきます。(片道2千円)

空港からでも大丈夫?

また、「自力でメーチャンまで行けるかどうか自信がない」という場合は、

チェンライの空港またはバスターミナルまで、直接送迎もご相談に応じます。

チェンライ送迎の場合は、片道4千円となります。

なぜ交通費が高いのか

「宿泊費に比べて、ちょっと交通費が高いんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、

タイは、諸物価に比べてガソリン代が異様に高い、という事情があります。

なんとタイでは、ガソリン1リットルと、食事1回分が、ほぼ同じ値段なんです。

しかし、一度私たちのアカ族村までお越しいただければ、2度目以降は、チェンマイやチェンライなどの都市部で、バイクをレンタルして、自分で運転して来ていただくことも可能です。

その際は、送迎費用はかかりませんから、宿泊費用のみでお気軽に滞在していただけます。

お見積り

仮に、
「3名様のグループで、2泊3日、チェンライ空港までの往復送迎付き」とした場合…

●宿泊)2千円✕3名様✕2泊=12,000
●送迎)トラック4千円✕2=8,000
●計)12,000+8,000=2万円

一人あたりに換算すると、

2泊3日で、お一人様約6,700円、1日2,200円ほどで、ご滞在いただけます。

また、日程や、送迎場所、人数など、詳細なリクエストにも、極力応じさせていただきます。

ぜひ、アカ族村の素朴な暮らしを、体験してみませんか?

ただし、先ほどご紹介したように、村はかなりの僻地にありますので、

お越しの際は、スケジュールに十分余裕を持っておいていただけますよう、お願いいたします。

また、客室に限りがございますので、予約が重なった場合は、先着順とさせていただいております。

御関心のある方は、是非、下記のお問い合わせフォームより、お問い合わせをいただきますよう、お願いいたします。


なお、お問い合わせの際は…

  1. カンタンな自己紹介
  2. 問い合わせをした目的

この2つを、文面に必ず書いておいていただけますよう、お願い致します。

近年、タイ国においても、テロ行為への厳重な警戒が実施されております。

そのため、この2つが文面に記載されず、

●「どこの誰かが判然としにくいもの」
●「メールを書いた目的が不明確なもの」

に、関しては、スパムメールと判断し、返信しないことがありますので、ご了承ください。

  1. カンタンな自己紹介
  2. 問い合わせをした目的

恐れ入りますが、この2つは、くれぐれも書いておいていただけますよう、お願い致します。

それでは今後とも、何卒よろしくお願い致します。

お問い合わせフォーム