タイでも【搾乳器】が普通に売っていた件。しかも安くて高品質!

最近、タイで【搾乳器】を購入しました。

この冬、お母さんが三男を出産して、お乳が頻繁に張るようになり、素手での搾乳が追いつかなくなってきたからです。

気になるお値段は、

手動が500バーツ前後、
電動が1500バーツ前後、

と、日本で買うのと比べても、意外にリーズナブルです。

■ ■ ■ 
最初、
「こんなの絶対、日本にしかないだろう」
「タイには売ってないだろう」

と、思い込んでいたんですが、けっこう普通に商品棚に並んでいて、驚きでした。

これが、タイ製の搾乳器
日本製と遜色なし

セントラルなどの、大型スーパーへ行けば、哺乳瓶コーナーに売っています。

タイ人は、「母乳育児しない派」が圧倒的に多いので、

タイではあんまり搾乳器の需要はなさそうなイメージだったんですが、

逆に考えると、

ミルク育児だからこそ、お乳が張った時に、捨てる目的で、搾乳器を買う人が多いのかもしれません。

■ ■ ■ 
ちなみに、メーカーは、「NATUR」という名前で、100%タイ資本の会社です。

これも、意外でした。

まさか、タイのメーカーがあるなんて、思ってもみなかったからです。

でも、この「NATUR」の搾乳器、けっこうちゃんと作ってあって、十分な品質と性能です。

全く問題なく、搾乳できました。

スムーズに搾乳できる

ちなみに、哺乳瓶の最大手メーカーである「ピジョン」は、タイにも工場があります。

在庫があれば、ピジョンの製品を、工場からタイの住所へ、直接郵送もしてもらえるそうです。

■ ■ ■ 
そんなわけで、今回は、タイ製搾乳器の紹介でした。

タイで初産を迎え、
「搾乳した方が良いかな…」とお考えの方は、ぜひ参考になさってみてください。


⇒【 記事一覧 】へ戻る

【お知らせ】

また、うちのアカ族村では、
現地の生活をそのまま体験していただける、
ホームステイを実施しております。

【 アカ族村ホームステイのご案内 】

関心のある方は、↑↑こちらのページ↑↑から、
お気軽にお問い合わせください。

【スポンサードリンク】