タイのイミグレーション(入国管理局)の方針で最も違和感を覚えること~①90日レポート

タイの法律というのは、時に「えっ、なんでそんな決まりになってるの?」と、理由が非常に不可解なものがあります。

今回お話しするのは、タイのイミグレーション(入国管理局)の話。

タイの長期滞在者には、悪名高き、「90日レポート」という義務があります。

これは、
「タイ王国での滞在日数が、連続して90日を超える者は、イミグレにその旨を報告しなければならない」

というもの。

まぁ、この法律に関しては、

「なんでわざわざそんなことしなくちゃならないの?」

と感じている外国人も多く、よくネット記事にもなっているので、

ここで特に文句を書き綴るつもりはありません。

ただ、私がこの法律で最も違和感を感じるのは…

「タイに住む外国人は、タイから一歩も外へ出ないだろう」

という前提があることです。

上記の90日レポートですが、これを出さなければならない人というのは、

「90日間連続してタイに滞在した人」です。

逆に言えば、

「90日に1回、海外旅行をしている外国人は、別に90日レポートは出さなくて良い」

ってことになります。

ということは、この法律の意味は…

「しょっちゅう国外に出ている人のデータは必要ないが、ずっとタイにいる人のデータは必要」

ってことですよね。

でも、その基準って、いったい何の意味があるの?って思いませんか。

そもそも、タイという国は、

「海外旅行の延長で住んでいる」という人も多く、

そうなると、「毎月海外旅行に行っている」なんていう外国人も、ざらにいます。

それに、近年ではタイ人も、贅沢になってきて、わりとよく海外旅行へ行きます。

つまり、タイでも、海外旅行というものが一般的になってきて、

「タイ人だからってずっとタイにいるわけではない」

という人が増えているんです。

実際のところ、当のタイ人も、外国人に対して、

「この休みは、どこか旅行へ行ってきたのかい?」

なんて質問したりしますし、

この90日レポートを書かせているイミグレの職員自体が、

けっこう頻繁に海外旅行へ行っていたりします。

でも、どういうわけか、タイのイミグレは、

「外国人は、タイから一歩も外へ出ないだろう」

ということを前提にして、各種決まりを作っています。

90日レポートの義務、というのは、まさにその象徴ですから、私などは、非常に違和感を覚えるわけです。

つまり、現在のタイは、

●タイ人⇒海外旅行がしたい
●在タイ外国人⇒タイから一歩も出ない

みたいな感じです。

まぁ確かに、タイにそういう外国人が多いのは事実なんですが、なんとも変な法律だなぁ、と思います。


⇒【 記事一覧 】へ戻る

【お知らせ】

また、うちのアカ族村では、
現地の生活をそのまま体験していただける、
ホームステイを実施しております。

【 アカ族村ホームステイのご案内 】

関心のある方は、↑↑こちらのページ↑↑から、
お気軽にお問い合わせください。

【スポンサードリンク】