タイの公立校で、制服や給食が「無料か有料か」が決まる、たった1つの要素とは

うちの子供たちが通っている、タイの公立の小学校では、

なんと、「制服と給食が無料」です。

この話をすると、日本人の人は大体、

「タイの学校は、生徒への援助が手厚いのですね、すばらしいですね!」

という反応をします。

でも、

「ところがそうでもない」
というのが、今回のテーマです。

■ ■ ■ 
実は、タイの公立校では、「校長の権限が、とてつもなく強い」んです。

つまり、どういうことかというと…

・給食を生徒の昼食を、無料にするかどうか
・生徒に、制服を無料で配るかどうか

というのは、すべて校長が決める、ということです。

ですので、

うちの子供達が通う小学校で、制服と給食が無料なのは、

「今たまたま、校長先生が人格者だから」

というのが、唯一最大の理由なのです。

■ ■ ■ 
うちの校長先生は、山岳民族の児童教育のプロフェッショナルで、

すでに20年以上にわたって、北タイの山地の小学校を歴任しています。

そのため、

山の子供やその家族たちが、学校にどういうことを求めているのか、ということを、ほんとによく把握してくれています。

うちの小学校で、「制服と給食が無料」なのは、

校長先生が、自身の経験をもとに、独自に判断して、実施している、素晴らしい措置なのです。

■ ■ ■ 
でも、

いざタイ国内の小学校を見渡してみると…

・校長が、学校の予算を着服する
・校長が、勝手に給食費をつり上げる、または給食の量を減らす
・校長が、学校の給食を勝手に廃止する
・校長が、校長室に高額のエスプレッソマシンを設置する

…等々、私服を肥やす校長先生のニュースが、ほぼ連日、報道されています。

これら一連のニュースは、要するに、

「タイではそれだけ校長先生の権限が強い」

ということです。

■ ■ ■ 
つまり、平たく言えば、

「タイの学校の校長先生は、予算を何に使っても良い」

ってことなんです。

●学校の予算で、薄型テレビとエスプレッソマシンを買うか、

●それとも、給食と制服を学校側で負担して、無料で生徒に配布するか、

これらはすべて、
校長先生のさじ加減1つです

■ ■ ■ 
校長先生が人格者なら、予算をちゃんと生徒のために使ってくれますが、

逆に、校長先生が人格者でないなら、予算は生徒以外のことに使われます。

そして、たまたま入学した学校で、校長先生が、「人格者か、否か」というのは、

これはもう、完全に、運次第です。

つまり、

「うちの家族は、素晴らしい校長先生に巡り会うことができて、本当にラッキーだった」

ってことです。

■ ■ ■ 
しかし、校長先生にも、当然、定年がありますから、

今後数年以内に、別の校長先生に交替してしまいます。

その時、新しい校長先生が、「私腹を肥やすタイプの人間」だと、予算が生徒のために使われなくなりますから、こうなると…

保護者の負担が、一気に増大してしまう恐れがあります。

うちは、一番下の子が小学校を出るまで、まだあと10年以上ありますから、

これからもしばらく、人格者の人が校長先生に就任してくれることを、切に願いたいと思うわけです。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆