タイで母乳が出ない女性が増えている理由を推理してみる~妊婦用の薬や栄養剤は本当に安全なのか

前回、「我が家では、妊娠中には薬も栄養剤も一切飲まないようにしている」という話をしました。

今回は、なぜ私が、妊娠中の薬や栄養剤を、そんなにも恐れているのか、

という点について、お話をしていきたいと思います。

■ ■ ■ 
ここで、タイの一般社会を見渡してみると…

タイには、「母乳が出ない」という悩みを訴えている女性が、かなり大勢います。

ここからは、あくまでも、私の推測に過ぎませんが…

「タイの病院で出されている栄養剤には、実は、母乳が出なくなる成分が含まれているのではないか」

という推理も、十分成り立つわけです。

■ ■ ■ 
鍵となるのは、「オキシトシン」です。

「オキシトシン」は、

別名、「母性ホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれ、母体に必須のホルモンです。

■ ■ ■ 
私は、タイの病院の栄養剤には…

このオキシトシンを「抑制」してしまうものが含まれているのではないか??と、考えています。

オキシトシンには、母体に対しての非常に重要な働きがあります。

・母乳を生成する
・母性愛を生じさせる
・陣痛を引き起こす

この3つです。

いずれも、母親になる上では必須な要素で、このうちどれか1つが欠けても、十全な出産・育児はできません。

■ ■ ■ 
でも現在のタイは、この3つが「全て欠けている」という人が、多すぎるんです。

いや、本当に、「異常なぐらい」多いです。

かつて、私がタイでインタビューをした、20代から30代の経産婦で、

「母乳がふんだんに出た」

と言っていた女性は、3割を切っています。

「母乳が出ない」ということを、まるで当然のことのように話していた人が、ほとんどです。

また、「陣痛が足りない」と言って、帝王切開に踏み切った女性は、なんと半数以上。

陣痛を引き起こすのも、オキシトシンの働きです。

そして、ご存知の通り、現在タイでは、母親による子供への虐待があとを絶えず…

「母性愛」が欠落している、としか思えないような女性が、大勢います。

これらの現象はすべて、「オキシトシンの不足」によって、起こります。

■ ■ ■ 
例えば、

10人中、7人の体に、異常が出たとしたら、

「ではその7人に共通しているものは何か」

と、考えるのは、自然な発想です。

そこで、「タイの妊婦全員が、同じように摂取しているものは、一体何か」と考えると…

前回お話しした、「病院で渡される栄養剤」に行き着くわけです。

つまり、

「妊婦用の栄養剤を飲み続けたがために、
オキシトシンの分泌に異常が出て、
陣痛が足りなくなったり、
母乳が出なくなったり、
などの異常が起きているのではないか」

ということです。

■ ■ ■ 
私は、この推論を得て以来…

妊娠中に病院から渡された薬や栄養剤は、全て「焼却処分」にしました。

そして、自分の娘の目の前で、栄養剤を焼いて、

「将来、妊娠したら、薬は絶対に飲むな」と、教えています。

■ ■ ■ 
…もちろん、以上はただの推測であって、確固たる根拠はありません。

タイの製薬会社がこの記事を見たら、「事実無根だ」と言うかもしれません。

しかし、仮に製薬会社が「無実」を証明できたとしても…

「では、どうしてタイ人の女性で、陣痛が足りない、母乳が出ない、我が子を愛せない、という女性が、こんなにも多いのか」

という疑問の答えには、なりません。

■ ■ ■ 
仮に、タイの妊婦用の薬や栄養剤が、母体に全く悪影響がなかったなら…

その場合は、炭酸飲料や化学調味料など、特定はできないものの、

とにかく、「タイ人が普段口にしているもの」に、オキシトシンを抑制する物質が含まれている可能性がある、と推理できるわけです。

真相は依然、闇に包まれたままです。

ですので、いずれにせよ、我が家では…

妊娠中は少しでも人工の食材を口にしないよう、心がけています。

■ ■ ■ 
結論としては…

100%の安心・保障がないものを、妊婦に飲ませるぐらいなら、飲まずに自然の方法に従った方が良い、

と、思うわけです。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆