【タイのゴミ問題】タイ人がごみをポイ捨てをする理由①

タイでは、「ごみのポイ捨て」が非常に多いです。

これはもちろん、タイ人のズボラな国民性も、原因の1つではあるでしょう。

しかし、国民性ともう1つ、私が「タイでポイ捨てが多い最大の原因」だと考えていることがあります。

それは…

「タイの町に、ゴミ箱の数自体が少ないこと」

です。

タイへ旅行に行ったことのある人なら、

「あー、確かに」って思いませんか?

■ ■ ■ 
例えば、バンコクの町を歩いているとき…

ふと小腹がすいて、お菓子を買って食べるとします。

すると、お菓子のゴミが出ますよね。

あなたは当然、「ゴミを捨てよう」と思って、周囲を見渡すのですが、

タイでは、「視界に1つもゴミ箱がない」ということがよくあります。

結果として、日本人は、次のコンビニまで、ゴミ箱を探しながら、ゴミを握りしめて歩くハメになります。

要は、街の規模に対して、ゴミ箱の数が少なすぎるんです。

■ ■ ■ 
私も、長男が小さい頃に、よく長男を連れて、街へ行ったのですが、

その際、長男には、「ゴミは、ゴミ箱まで持っておきなさい」と、厳しく教えていました。

でも、タイの街には、本当に、ゴミ箱がないんです。

長男はそのたびに、何分もゴミを握りしめて、ゴミ箱を探さねばならず、少し可哀相になったのを覚えています。

■ ■ ■ 
タイ人も、最近では「ポイ捨てしない」という人も増えてはきましたが、

でも、それはやっぱり、知識層の少数派です。

大勢のタイ人は、「視界に1つもゴミ箱がない」という状況だと、ポイ捨てをしてしまいます。

なぜなら、「ゴミ箱を探すのが面倒だから」です。

「いや、ポイ捨てはだめって言うけど… ゴミ箱が全然ないじゃん。

ゴミ箱を探して歩きまわるぐらいなら、ポイ捨てで良くね?」

ってなもんです。

■ ■ ■ 
これは、バンコクの繁華街に限らず、

タイは、だいたいどこへ行っても、ゴミ箱の数が少ないです。

ロータスやビッグCなどの、大型スーパーでも、

「ゴミ箱は、玄関とトイレだけ」

ということが多いです。

ゴミが確実に出るであろう、肝心の、フードコート的な場所に、ゴミ箱が無かったりします。

■ ■ ■ 
こうなると、

「ゴミのポイ捨てをやめさせる」という以前に…

「ごみをゴミ箱へ持っていく」という習慣が、身につきません。

そもそもゴミ箱が無いからです。

目に見えるところにゴミ箱が無いのに、「ゴミ箱に捨てましょうっ!」と教えても、効果が薄いんです。

「わざわざ何分も、ゴミを握りしめて、ゴミ箱まで持って行かなくっちゃいけないの?」

ってなもんです。

■ ■ ■ 
まとめると、

タイ人に、「ポイ捨ては良くない」と教えるためには、まず何よりも…

●学校、役所、道路、店舗など各種施設に、十分な数のゴミ箱を設置すべきである

と、思うわけです。

(つづく)


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆