食用油(パームオイル)が、最近タイの商店で値下がりしてる理由

2018年春、食用油(パームオイル)が、タイの街角の商店や小売店で、値下がり傾向にあります。

旅行で来ている方には、あまり関係のないニュースかもしれませんが、

在住者にとっては、食用油は毎日使うものですから、結構重要です。

特に、タイ料理は、炒めものが多いので、食料油の値段というのは、

「死活問題」だと言っても、過言ではありません。

そこで今回は、

「なぜタイの小売店で、食用油(パームオイル)の値段が下がっているのか」

ということについて、お話ししていこうと思います。

タイの「生活保護カード」

今回のテーマは、複合的な要素がいろいろと絡み合っているので、

順を追って、お話ししていきます。

まず現在、タイには、「生活保護カード」というものがあります。

これは、いわば、日本の生活保護と同じようなものですが、最大の違いは、

「現金支給ではなく、買い物ができるカード」

ということです。

生活保護カードのシステム

このシステムを、解りやすく言うと…

・生活保護カードの対象者(一定の年収に満たない者)に対し、政府からカードが付与される。

・カードの中に、毎月一定額(300~500バーツ)が振り込まれる。現金ではない。

・受給者は、このカードを特定の商店に持って行けば、カード内の金額の分だけ、買い物ができる。

・支給額には有効期限があり、有効期限が過ぎると、カードの残高はゼロになる。

…というものです。

日本よりも進んでいる?

このシステム、結構「先進的」だと思いませんか?

生活保護の不正受給や、外国人の生活保護受給者が4万人を超えるなどの問題が出ている、我が国日本でも、ぜひ見習って欲しいシステムだと思います。

「生活保護の受給者に、現金なんて必要ない。
生存に必要な物資があればそれでいい。」

という、至極当たり前のことが、タイという国では、いち早く導入されている、というわけです。

庶民はまず油を買う

そして、

生活保護カードの受給者は、このカードを持って、「何を」買いに行くかというと…

これが、今回のテーマである、「食用油(パームオイル)」です。

「タイ人の日常生活で一番よく使って、一番単価が高いもの」

と言えば、それはやっぱり、「食用油」ってことなんです。

風が吹けば桶屋が儲かる?

すると、どうなるか。

受給者は、一般の商店で、わざわざ現金を使ってまで、食用油を買わなくなります。

こうして、生活保護カードが使用可のお店では、大量に食用油を取得するようになり、

受給者は、生活保護が受給される(カード内の残高が増える)たびに、商店で食用油を購入する…

という構図が出来上がります。

こうなると、一般の商店で、食用油の売り上げは、ガクンと落ちます。

でも、これでは商店も困るので、当然…

「消費者たちに、現金で食用油を買ってもらうには、一体どうすれば良いか」

と、考えますよね。

その結果として、

「全国の小売店で、軒並み食用油が値下がりする」

という現象になるわけです。

ちなみに、今回の記事のように、

「一見、因果関係がなさそうな2つの出来事に、因果関係を存在すること」

を、日本の諺では、

「風が吹けば桶屋が儲かる」

と、言います。
→意味はこちら

庶民は非常に助かる

先月から5バーツ以上値下がりした

色々と、ややこしいことになっていますが、たった1つ言えることは…

少なくとも、我々庶民にとっては、食用油が値下がりするのは、非常に嬉しい傾向である、

ということです。


⇒【 記事一覧 】へ戻る

【お知らせ】

また、うちのアカ族村では、
現地の生活をそのまま体験していただける、
ホームステイを実施しております。

【 アカ族村ホームステイのご案内 】

関心のある方は、↑↑こちらのページ↑↑から、
お気軽にお問い合わせください。

【スポンサードリンク】