【自立支援】アフリカやタイの孤児たちの民芸品や伝統工芸品にはもうひと工夫必要

・アジアやアフリカの女性が作った民芸品を販売し、その収益が現地に寄付される

というシステムの民芸品や手芸品を、見たことがあるかと思います。


これは、比較的よくある自立支援のシステムです。

つまり、

支援を必要としているアジア・アフリカの子供や女性たちが、

そのままでは十分な支援が得られないので、

手芸品や民芸品、手作業の商品などを販売し、収益を得て、支援に充てる。

というわけです。



支援を「待つ側」の人たちが、ただ漫然と待っているわけではなく、

きちんと「仕事」をして支援を得ることができるため、

このシステムは、「自立支援」のモデルとして、世界各地で採用されています。



しかし、この自立支援のやり方、

うまくいっている所は決して多くはない

という印象です。

もちろん、うまくいっているところもあり、そういうところは有名になっているので認知されていきます。



たとえば、

「アカ族のコーヒー」などは、うまくいったケースの典型です。

なにせ、カフェ激戦区のチェンマイで、「アカアマコーヒー」という看板を掲げて喫茶店をオープンし、

今や「チェンマイで一番おいしいコーヒー」と言われるほどになり、

多くのアカ族がこれによって収益を得ることができています。

こういう成功例があると、

「産業を作って雇用を生み、恵まれない人たちの自立を支援する」

という自立支援の形態は、非常に合理的であるかのように見えます。



しかし、
「成功例以外の圧倒的多数は、うまくいっていない」

ということを知る必要があります。

最も多いのが、冒頭に掲げた民芸品、手芸品の類です。

たとえば、

民族の刺繍をあしらった、財布やポーチなど。

これらは、「自立支援プロジェクト」として支援団体が販売するのですが、

その際、価格に「寄付金」が上乗せされていることがあります。



仮に、

「アフリカの女性が作った財布、2千円」

という商品があったとしましょう。

この財布の「2千円」という価格の原価を考えると、おそらく、

原価は300円ぐらいで、700円が収益、残り千円は支援団体への寄付、という具合だと思います。
(あくまでも例です。全部が全部そういう価格設定ではありません)

しかしこうなると、

このアフリカの2千円の財布は、寄付金が上乗せされているぶん、「世間一般の2千円の財布よりも割高」ってことになります。

これでは、やはり売るのは難しいと思いませんか?



そのアフリカの人たちに対して、よほど共感や感情移入ができれば、「買ってあげよう」という気にもなるかもしれませんが、

そうでないなら、普通はこうしたハンドメイドの民芸品は、「割高だ」と感じます。

だったら、「千円寄付してください」のほうが、コストが少なくて済み、

売る方も買う方も、そのほうがよっぽどラクます。

この辺が、「自立支援の民芸品」がうまくいきにくい理由の1つです。



先にご紹介した、アカ族の「アカアマコーヒー」が売れているのは、

「コーヒーとして普通においしいから」

です。

「寄付をしたい慈善家に売れている」のではなく、

「純粋にコーヒー好きの人」に売れている、

というのがポイントなのです。



やはり、モノを作って売るからには、その商品自体に価値が無くてはいけません。

価値があれば売れるし、価値が無いものを売るのは難しいことです。



…と、そのように考えると、民族の財布やポーチ、アクセサリーなどを売るなら、

やはり、それ自体に価値が無くてはいけない、ということなのです。



しかし、こうしたプロジェクトの多くは、

「恵まれない人たちへの寄付」が全面に出過ぎてしまっていて、

肝心の「商品としての価値」をアピールできていないところが少なくありません。



当然のことながら、モノを売るのは難しいことです。

「アフリカの女性が作ったものだから売れる」

なんていう単純なものではないですよね。



結果として、

「自立支援の販売プロジェクトはうまくいきにくい」

という現状になっているわけです。