【タイの少数民族の宗教】キリスト教会の牧師が、公私混同をしてしまう件

現在、アカ族の多くは、伝統文化を捨て、キリスト教に改宗しています。

それで、うちの村も、
村民の多くはクリスチャンです。

このテーマは、なかなか闇の深い問題も多く、

私も、このブログで、折に触れてご紹介しているのですが、

中でも私が「最も矛盾である」と感じているのが、

「牧師が教会周辺の土地を買う」

という行為です。

■ ■ ■ 
では、順を追って、
お話をしていきます。

日本だと、どうなのか知らないんですが、

タイの場合、牧師は、「中央からの派遣制」です。

派遣制とはつまり…

まず、牧師には、中央から給料が出ています。

そして、アカ族の牧師が、地元以外のよそからアカ族村へやってきて、村の教会の牧師に就任し、

数年間の「任期」のあいだ、牧師を務め、任期が終わったらまたよそへ行く…

という、公務員のようなシステムです。

■ ■ ■ 
しかし、

任期のあいだに、情が移ったり、牧師が村民と仲良くなるケースも多く、

この場合は、「任期の延長」が認められています。

このため、うちの村の牧師も、村にどっぷり浸かっていて、もうすでに十年以上います。

うちの家族とも仲が良く、他の村民からもそこそこ慕われていますから、おそらく、今後もずっと牧師を続けると思います。

まぁ、そのこと自体は、特に問題はないんですが……

しかし今回、

この牧師が、「教会周辺の土地を買う」という行為に至ったことで、

私は、「あれっ?」と、
不審に感じているわけです。

■ ■ ■ 
まず、

あくまでも、牧師は「雇われ」で、任期も定年もあります。

「うちの村で一生根を張る」というのは、この牧師が勝手に決めたことです。

牧師はあくまでも「サラリーマン」ですから、中央の意向には逆らえません。

もしも、「異動の辞令」が出た場合は、

うちの村を出て、別の村へ行かなくてはなりません。

でも、こうなると…

別の新しい牧師がうちの村へやって来ても、今の牧師が村に住み続けているわけですから、当然、「変な感じ」になりますよね。

実質的には、今の牧師が、「陰で牛耳る」みたいになってしまいます。

■ ■ ■ 
牧師は、ビジネスを手広く展開し、村の土地も買って、影響力を持ち始めています。

これがエスカレートしていくと…

「教会が『個人所有』のようになる」

という点が、危惧されます。

たとえば、

この牧師が、うちの村の土地に投資をし続けて、

もしも、教会周辺の半径数キロの土地を得たとしたら…?

こうなると、たとえ形式的には、教会がタイキリスト教会の所有であっても…

実質的には、「個人所有の教会」のようになっていきます。

少なくとも、村民の目にはそのように映ります。

■ ■ ■ 
しかも、

タイはもともと、公私混同が普通ですから、

役人が地元の民間と癒着して、その土地の有力者になっていく、というのは、日常茶飯事です。

最悪の場合、今の牧師が、

「中央から分離して、新たに自分の教会を作って、独自に運営する」

なんてことも、十分可能です。

というか、現時点で、すでにそんな感じになっています。

■ ■ ■ 
実際のところ、

この牧師が、教会の外でビジネスをして得ているお金は、教会の給料をゆうに上回っていますから、

たとえ牧師を「解雇」されても、十分暮らしていけます。

また、村民にはそんな人事の話は分かりませんから、

この牧師は依然、「地元の有力者」「宗教指導者」として、うちの村で、ビジネスをし続けることができます。

でも、そもそも……

教会というものは、「宗教施設」なのですから、「宗教」でまとまるべきであって、

「人を見て、人を中心にまとまる」というのは、最もやってはいけないことです。

「人の教えではなく、神の教えに従いなさい」

と、聖書にもちゃんと書いてあります。

■ ■ ■ 
本来であれば、

中央のタイ教会が、牧師の任期中の「身分や商行為」などを、制限しなくてはいけません。

「あくまでも、サラリーマンなんだぞ」と。

なので、牧師は「副業禁止」「土地購入禁止」を徹底しないとダメだと思います。

理由は、これまでからお話ししている通り、

「副業と土地購入」がエスカレートすると、その地域での「影響力」を持ってしまうからです。

これは、本当に「まずい」ことです。

でも、タイではそういう理屈が通用しないので、

公務員も、副業が当たり前。

そして、

牧師もせっせと副業をし、少しでも金を持つと、土地を買おうとします。

こうして、牧師でありながら、教会以外での影響力が、高まってしまうわけです。

(つづく)

⇒【タイの少数民族のキリスト教関連の記事】


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆