悩みは遺伝する?毒親を許せないときに知っておくべきこと

悩みは、親から子へ遺伝します。

そのため、人生の悩みは、男子なら父親に、女子なら母親に相談してみることを、おすすめします。

「相談するのはさすがに照れくさい」

あるいは、

「もう親には会えない」

という状況であれば、

「もしも、自分の親が、自分と同じ状況にいたら、どのように対処するだろうか」

と、考えてみるのも良いです。

なぜなら、

今の自分と全く同じ悩みを、かつて親も同じように抱えていた可能性が高いからです。

■ ■ ■ 
たとえば、

男に騙されやすい女性は、かつて、母親もそうだったかもしれない

浪費癖や、家の片づけができない、という性格は、親から受け継いだのかもしれない

妻に支配されている男性は、ひょっとしたら、父も母に支配されていたからかもしれない

あるいは、一代飛ばして、祖父母がそうだったのかもしれない

…と、このように考えていくと、人生の悩みというものは、

「親の残した宿題」

だと捉えることもできます。

つまり、

親が解決できなかった悩みが、めぐりめぐって、子供に直面する、ということです。

■ ■ ■ 
しかしこれは、「親のせい」というのとは、少し違います。

もちろん、深い苦悩で、にっちもさっちもいかなくなっている時は、

親に対する「恨み」も出てくるでしょう。


でも、その悩みを、たとえほんの少しでも、克服することができたなら…

「親が、課題を残してくれたからこそ、自分はその課題に取り組んで、ここまで成長することができた」

と、思えてきます。

つまり、「悩みの克服」というプロセスを通じて、親への感謝が生まれてくるわけです。

逆に、厳しい言い方をすると…

親の残した課題を、克服できていないからこそ、親を感謝することができず、

「毒親が憎い」

と考えてしまう…ってことになります。

■ ■ ■ 
人生の悩みは、克服できないよりも、できるに越したことはありません。

また、ここが大事なところですが…

どれほど、
親を憎んで、
恨んだとしても、

あなたの悩みの、根本的な解決には、全くつながらないんです。

だったら、

親への恨みは一旦脇に置いておいて、

人生の根本的な問題解決に頭を使った方が、得です。

そして、悩みを克服できたあとは、親への憎しみは泡のように消え去り、

親への「感謝」と、「赦し」の念が、ふつふつと沸き起こってきます。

なぜなら、

親が与えてくれたその悩みによって、あなたは、この人生で、大きく成長することができたからです。

人生の悩みが、親から来ていることを知り、悩みと向き合って、悩みを解決できたとき…

人は初めて、親を「赦す」ことができます。


⇒【 記事一覧 】へ戻る

【お知らせ】

また、うちのアカ族村では、
現地の生活をそのまま体験していただける、
ホームステイを実施しております。

【 アカ族村ホームステイのご案内 】

関心のある方は、↑↑こちらのページ↑↑から、
お気軽にお問い合わせください。

【スポンサードリンク】