他人にいつでも赤ちゃんを抱っこしてもらえたら育児はもっと楽になると思う。

タイでは、赤ちゃんがいるお母さんに対して、

「私が抱っこしておいてあげるから、あなたは自分の用事をしなさい」

というのは、至って普通の事です。

でも、せっかくこんな大らかな国にいるのに、

タイ在住の日本人のお母さんは、滅多に他人に抱っこを頼まもうとしません。

例えば、

座敷のある日本料理店とかで、

赤ちゃんがよちよち歩きしてほかのお客さんにぶつかるたびに、

お母さんは「すみません」なんて言って、あたふたしています。

でも元はと言えば、

抱っこを他人に頼めないから、あたふたするんです。

また、こういう若いお母さんに限って、

「私に構うな」というオーラを出してる人が多いから、

周囲のタイ人も、遠慮します。

見ていて、本当に窮屈だなあと思います。

まぁ、落とすのが心配とか雑菌が気になるとか色々あるんでしょうけど、

せっかくタイにきているのに、「私の子に構わないで」というオーラを出して、

結局、お母さんも子どもも、窮屈な状況に自ら陥っているような気がします。

他人の赤ちゃんを気軽に抱っこし合える環境があると、育児はもっとラクになります。

「すみません、ちょっとうちの赤ちゃんを抱っこしてて下さい」

って、周囲の人に気軽に頼んでもよいと思います。

そして、タイでは、それをすることが可能です。

うちは、結構気軽に赤ちゃんを抱っこさせます。

その方がお互い気楽だし、少なくとも、

「誰にも頼れなくて育児ノイローゼになる」
「下品で無教養なママ友しか頼れる人がいない」

なんていう環境より、よっぽど健全だと思います。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆