微笑みの国なのに排他的?タイ人がミャンマーやカンボジアの外国人労働者を見下しがちな件

タイは「微笑みの国」なんて呼ばれていますが、

ある一方では、我々日本人が見たらびっくりするような、

「非情」な一面もあります。

今回は、そんなニュースをご紹介します。

2018年7月12日、チェンマイのお堀で、無許可で貝をとっていたミャンマー人の2人組の男が逮捕された。

その後、このニュースがフェイスブックに投稿されると、タイ人の若者からは、一斉にミャンマー人2人組を激しく非難するコメントが相次いだ。

コメントの中には、

「チェンマイは悪い外国人であふれている」
「奴らは人間以下だ」
「死刑にすべきだ」

など、暴言とも言える内容も多く、話題を呼んでいる。

ある識者は、この現状をいたく悲しみ、次のようにコメントした。

「たかが貝をとっていたぐらいで、ここまで非難が殺到する現状は、異常である。

犯人がタイ人なら、これほど炎上はしなかったはずだ。

いつからタイは、こんなにも外国人労働者を見下し、排斥する国になったのか。」

というニュースです。

けっこう、意外な一面だと思いませんか?

■ ■ ■ 
日本では、あまり知られていませんが、

実は、

タイ人は元々、「上にへつらい、下に厳しい」というようなところがあります。

昔流行った、「タケちゃんマンの歌」のような、

「強きを助け、弱きを憎む」という精神性です。

そして、今回の記事は、タイ人のそうした傾向が年々強まっていることを、如実に表しています。

こういう報道があると、タイ人たちは、口をそろえて次のように言います。

「犯罪を犯しているのは、外国人労働者ばかりだ」と。

まぁ、そういう面も否定できないんですが、

あえて外国人の立場から言わせてもらうと…

やはりタイ人は、外国人を見下し過ぎなんです。

■ ■ ■ 
外国人というか、もうちょっと厳密に言うと、「タイ人以外の非白人」という立て分けです。

タイ人庶民の多くは、

心の中で、タイ以外のアジア人を見下しているところがあります。

そしてそれは、相手にもあからさまに伝わります。

おそらく、タイ在住のミャンマー人労働者たちは、

「見下されている」という感覚を日常的に持って、生活しているんだと思います。

これは、彼らの勝手な被害妄想などではなく、

本当に、タイ人は、

ミャンマー人やカンボジア人労働者を下に見て、ぞんざいに扱います。

■ ■ ■ 
私は、ミャンマー人の犯罪率が上がっているのは、タイ人側にも原因があるんじゃないかな、と考えています。

簡単に言うと、

「ここまで無下に扱われたら、ひねくれるのもしょうがない」

という感じです。

タイで出稼ぎを終えたミャンマー人が、

「タイ人雇用主に感謝する」なんてのはレアケースで、大抵の場合、

「二度とタイ人雇用主の顔は見たくない!」

と、うらみつらみを抱えて、母国に帰ります。

タイでの出稼ぎ生活は、本当に大変だと思う

こういうのは、普通にタイに滞在しているだけでは、なかなか見えてこないんですが、

うちのように、

・タイ族と、アカ族
・タイ族と、ミャンマー族

というようなやりとりを目の当たりにしていると、

タイ人の「上にへつらい、下に厳しい」という精神性が、よく見えるわけです。

■ ■ ■ 
ただ、タイ人の名誉のために、一言だけ付け加えておくと…

タイ人は、

我々がマンツーマンで接する分には、非常に優しいです。

ただ、彼らがアジア人労働者に接すると、途端にそういう「見下す」という精神性が出てしまう…ということです。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆