タイ・ミャンマーの国境で、軍人男性と少数民族女性のカップルが意外と多い理由②

前回、タイ・ミャンマーの国境エリアで、

「少数民族の女性と、タイの軍人男性とのカップルが、意外に多い」というテーマで、お話をしました。

この「国境ロマンス」では、

男の軍人の側が、国境警備軍という特殊な環境にいることも、大きな理由の一つだと考えられます。

今回は、その続編として、女性の側からの理由について、考察してみたいと思います。

タイの男>少数民族の男

まず、根本的な傾向として…

少数民族の女性にとっては、

「タイ族の男>同じ民族の男」

みたいな認識があります。

■ ■ ■ 
つまり、極端な例で言えば、

「隣村の男と付き合っている」

だと、自慢にはなりませんが、

「タイ族の男と付き合っている」

と言えば、友人たちに自慢できる、ということです。

■ ■ ■ 
タイ族は、タイ国における多数派民族ですから、やはりどうしても、

「タイ族が上で、山の少数民族が下」というような意識は、拭えません。

そしてそれは、タイ族への憧れにも似た感情にも、繋がっていきます。

こうなると、タイ人の男から言い寄られる、ということ自体が…

山の若い女性にとっては、けっこうな「シンデレラストーリー」になるわけです。

公務員>日雇い

また、タイ族への憧れに加え、そのタイ族が、「公務員」という特権階級です。

もしも公務員の男と結婚なんてできれば、タイではもう一生安泰です。

つまり、山の女性にとって、タイの軍人の男というのは…

・山の男よりも、タイの男の方がいい
・日雇いの男よりも、公務員の男のほうがいい

と、ダブルで高ポイントなわけですから、断る理由がありません。

■ ■ ■ 
タイの軍人男性の側には、山の女性に声をかける理由があり、

山の女性にとって、タイの軍人男性を受け入れる、十分な理由があります。

つまり、

需要と供給とが見事に釣り合っている、

ということです。

このようにして、

山の少数民族の女性と、タイの軍人男性という、異色のカップルは、

タイ・ミャンマーの国境周辺エリアにおいては、

「よくある光景」となっているわけです。

■ ■ ■ 
ただし、実を言うと…

破局するケースのほうが、多いです。

前回お話したように、国境警備軍も、公務員ですから、「任期」があります。

そのため、山での任期中に山で愛し合って、その後、男が別の遠い基地に異動になったら、

そのまま疎遠になる、というケースがほとんどです。

逆に、お互い、それを分かっていて、

「ひと夏の恋」

を楽しんでいるのかもしれませんね。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

【お知らせ】

⇒【 アカ族村ホームステイのご案内
大自然に囲まれたアカ族村で、現地の生活をそのまま体験していただける、ホームステイを実施中!お気軽にお問い合わせください。

⇒【 タイ文字習得のための動画講座
1日わずか5分!スキマ時間の動画学習で、タイ文字の読み書きがみるみるうちに習得できる!
半年間の講座で1日当たり33円。この機会をお見逃しなく!

⇒【 記事一覧 】へ戻る
◆ ◆ ◆ ◆ ◆